星景ハンター

星景ハンターとして、ミッションを与える。

MENU

【M36】紅葉と滝と星空を組み合わせて撮影する

長野県木曽町の「唐沢の滝」で、紅葉と滝と星空の組み合わせを狙い撮影してきました。紅葉が見頃で印象的でした。

f:id:irodori0320:20181115225234j:image

 

1.唐沢の滝について

滝の落差は、約100mと迫力があります。

f:id:irodori0320:20181116233823j:image

山道ですが、駐車場から滝までおよそ5分程歩けば到着です。
f:id:irodori0320:20181116233827j:image

f:id:irodori0320:20181116233835j:image

 

滝から駐車場が見えます。起伏はありますが、まっすぐな一本道です。

f:id:irodori0320:20181116233853j:image

 

落葉した葉もあり
f:id:irodori0320:20181116233848j:image

少し遊んでみました。
f:id:irodori0320:20181116233843j:image

 

2.ベストショット
f:id:irodori0320:20181116233858j:image

ミッションレベルC+です。

 

ブログランキングに参加してます。

教えていただけたら、嬉しいです。
にほんブログ村

【M35】色鮮やかな紅葉の隙間から天の川を撮る

月明かりが差し込み、コントラストの効いた鮮やかな紅葉に、天の川を組み合わせた星景写真を撮影しました。

 

1.月明かりの紅葉写真

f:id:irodori0320:20181118184219j:image

 

2.ミッションレベルB

天の川が写り込む程よい月齢と、紅葉の時期が重なる夜には、なかなか巡り会えないでいました。贅沢を言えば、もう少し月の細い日に撮影したかったですが、西の空に沈みゆく天の川と絡めて撮影ができました。

f:id:irodori0320:20181118183725j:image

3.ベストショット

f:id:irodori0320:20181116233409j:image

 

ブログランキングに参加してます。

教えていただけたら、嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

【M34】打ち寄せる波と天の川を撮る

f:id:irodori0320:20181116113447j:image

静岡県の浜岡砂丘で天の川の撮影をしてきました。遠州灘の海には、子供の頃から何度も遊びに来ていましたので、親しみがあります。波が強く遊泳には向きませんが、波際で砂遊びをしたり最近はあまり見ないですがカニを捕まえたりしていました。家の中にカニが侵入することも度々あり・・・脱線してますね。

迫力ある海も見れますが、この辺りは、広大な茶畑があり景観も大変よいです。

 

1.ミッションレベルC

駐車場と砂丘は繋がっていて、アクセスが大変よい場所です。駐車場には、野良猫が集まっていました。見晴台もあり、風力発電の風車を近くにみることができました。

f:id:irodori0320:20181116113315j:image

海の方角は暗いが、町がそばにあるため、ギリギリ天の川は肉眼で観測できます。


f:id:irodori0320:20181116114127j:image

波打ち際で撮影しました。

f:id:irodori0320:20181118093006j:image

2.ベストショット

f:id:irodori0320:20181115211844j:image

 

3.さがら子生れ温泉会館 〜源泉かけ流し 天然温泉〜

帰りは、温泉に寄って帰りました。外観も内装も綺麗でまた訪れたいと思いました。料金が550円とリーズナブルです。

f:id:irodori0320:20181116114840j:image
f:id:irodori0320:20181116114850j:image
f:id:irodori0320:20181116145142j:image

 

ブログランキングに参加してます。

教えていただけたら、嬉しいです。
にほんブログ村

【M33】おうし座流星群の撮影

おうし座流星群を撮影してきました。極大日がなく、三大流星群と比べると小規模な流星群ですが、紅葉のじきに見られる貴重な天文現象です。

11月上旬には、おうし座南流星群が活発になります。中旬には、おうし座北流星群が活発になります。

今年は、1時間に3個ほどの流星の観測ができました。3個の内2つは火球レベルの明るい流星でした。数は少ないですが、明るい流星の割合が高いようなのは間違いなさそうです。

この流星が、おうし座流星群の一部なのかは自信がありませんが、よい場所に流星が流れてくれました。

f:id:irodori0320:20181115202844j:image

irodori0320.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

【M32】九蔵峠展望台から「紅葉と御嶽山と天の川」を組み合わせて撮る

九蔵峠展望台は、地蔵峠展望台と並んで、御嶽山の景観がよい展望台である。

目次 

 

1.ミッションレベルC +

撮影計画

今回は、色づいた紅葉と御嶽山の頭上に、夜が訪れる手前の時間帯の薄っすらとした天の川を組み合わせようと計画を立てた。

日の入り一時間後がそれに当たると予測し、御嶽山の頭上の雲が抜けるのを待った。

太陽の光がほんのり残る夕方と夜の狭間の美しい写真が撮れればと考えていた。

 

撮影結果

しかし、

予想以上に地上の景色が暗く、紅葉の色を浮かび上がらせることができなかった。

f:id:irodori0320:20181106201356j:plain

時間と共に地上の景色は暗くなってしまった。逆光となるから当たり前か。

次回は、月の出ている時間に撮影しよう。

f:id:irodori0320:20181106201546j:plain

 

九蔵峠展望台の様子

九蔵峠展望台は、信州サンセットスポット100選に選ばれている有名な展望台だ。

朝と夕方に滞在していたが、、ひっきりなしに観光客が訪れていた。

車は10台程度停めることができ、展望台へは駐車場から数十秒で辿り着くことができる。展望台付近はどこから撮影しても美しいため、思い思いの場所で皆撮影していた。

ただし、道路沿いに駐車場があるため、安全には十分注意したい。

f:id:irodori0320:20181106204131j:plain

f:id:irodori0320:20181106204043j:plain

 

 

 

2.九蔵峠と地蔵峠展望台

2つの展望台からの展望はどちらも良いため、撮影場所に悩んだ。

結果私は、九蔵峠からの御嶽山を選んだ。

理由は、南西方面が開けているからである。撮影したい星空と時間帯から南西方面にカメラを向けようと考えていた。

西〜北西方向の撮影の場合、地蔵峠からの撮影がオススメだ。

 

九蔵峠

f:id:irodori0320:20181106204705j:plain

地蔵峠

f:id:irodori0320:20181106204549j:plain

地蔵峠

f:id:irodori0320:20181106204839j:plain

九蔵峠

f:id:irodori0320:20181106204916j:plain

 

3.開田高原の紅葉

美しい紅葉の景色がいくつもあった。

f:id:irodori0320:20181106205329j:plain

f:id:irodori0320:20181106205402j:plain

木曽町の紅葉も美しい。

f:id:irodori0320:20181106205440j:plain

 

 

 

4.ベストショット

f:id:irodori0320:20181106210645j:plain

 イメージした写真ではないが、天の川と紅葉を組み合わせた写真の撮影ができた。次回は、月に照らされた眺めを撮影しようと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

【M31】木曽馬の里で、秋を表現した星景写真を撮る

木曽馬の里は四季を通して楽しめる撮影スポットである。

そばの花や雪景色など、秋以外の季節も撮影に訪れてほしいスポットだ。

今回は、11月2日に撮影した記録をもとにミッションを提案する。

 目次

1.ミッションレベルC +

撮影計画

木曽馬の里からは、御嶽山を見える。今回は、冠雪した御嶽山とコナラの木をオリオン座と組み合わせようと撮影計画を立てた。

地上景を明るくするために月出を待った。

f:id:irodori0320:20181103160755j:image

天気と紅葉のよい時期と月の条件が揃う撮影日は少ない。今回は良いタイミングに訪れることができた。

 

木曽馬の里の紅葉

木々の色づきは、真っ只中であった。特にブルーベリーの木は、鮮やかな赤(真紅)に色づいていて印象的だった。

コナラの木は、もう数日で更に色づくだろう。

f:id:irodori0320:20181103163953j:image

駐車場から南南西を目指して歩けば、コナラの木に辿り着く。天気がよければ、同様の方角に御嶽山が見える。

コナラの木とブルーベリー畑が印象的だが、木曽馬の里は広く、その他にも美しい紅葉の景色が見られる。

 

f:id:irodori0320:20181105232925j:plain

f:id:irodori0320:20181105233051j:plain

f:id:irodori0320:20181105233146j:plain

 

2.星空レベル

木曽馬の里の標高は、1154mもある。

周囲も比較的暗く、天の川をはっきりと肉眼で確認できる。

 

 

3.ベストショット

f:id:irodori0320:20181105233629j:plain

紅葉した ブルベリーとコナラとオリオン座を絡めた写真を撮ることができた。雲の多い夜だったが、それがよいアクセントとなった。冠雪した御嶽山が見えたのは、運がよかった。

 

 

4."名湯"二本木の湯

二本木の湯は、天然炭酸泉のお風呂だ。街の銭湯の炭酸風呂よりも強炭酸で驚いた。体に気泡がびっしりとつき、水面には、気泡がはじけて跳びちる様子がみえたほどだ。

風呂の大きさは、3m✖️2mほどで小さい。大人5人ほどで入っていたため狭く感じた。

湯船に浸かって窓をみると、紅葉した景色が大変美しかった。湯加減もよく大変くつろげた。

唐沢の滝まで車で10分ほどという近さもこの温泉のよさだ。

営業時間は、10時から19時までとなっている。

すんきそばが食べたかったが、今回は売り切れだったのが残念であった。次回の楽しみとしよう。

国道19号までは、9キロほどで、セブンイレブン 木曽町福島店も同様の距離で行くことができる。

 

奥の山の色づきが美しい。

f:id:irodori0320:20181103171042j:image
f:id:irodori0320:20181103171035j:image
f:id:irodori0320:20181103171030j:image

f:id:irodori0320:20181103170706j:image

窓からは、紅葉した景色が楽しめた。
f:id:irodori0320:20181103170702j:image

次回は、すんきそば。
f:id:irodori0320:20181103170710j:image

 

5."絶品"開田高原アイスクリーム

以前、訪れたときから気になっていた開田高原アイスクリームに寄ってみた。

場所は、木曽から九蔵峠展望台へ向かう361号線沿いにある。

訪れると、駐車場に入りきらないほど混んでいて行列ができていた。

紅葉の時期で行楽日和であったが、気温は12度ほどの肌寒さにもかかわらず、これほどの人気には驚いた。

1番人気のミックスを頼んだ。バニラと、なんと「とうもろこし」の組み合わせだ。

余談であるが、私はとうもろこしが好きではない。サラダのコーン、とうもろこしのお茶など、とうもろこしの存在がなければと思ってしまう。特にコーンのお寿司は、いまだに寿司として自分の中で認められないほど苦手である。(好きな方、大変申し訳ありません。)

話が逸れてしまったが、そんな私がとうもろこしの良さを実感できたのが、開田高原アイスクリームである。ほんのり感じるとうもろこしの味は、濃厚なバニラを更に引き立たせる存在になっている。うまい。

ミックスがオススメです。是非ご賞味を!

 

とうもろこしソフトは、ほんのり黄色

f:id:irodori0320:20181105234719j:image

f:id:irodori0320:20181103153229j:image
f:id:irodori0320:20181103153224j:image

361号線沿いにある。看板が目印。

f:id:irodori0320:20181103153219j:image

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

【M30】オリオン座流星群と紅葉を撮る

f:id:irodori0320:20181027102443j:image

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。高山では霜が降りていました。

中部地方では、1000m以下にまで紅葉も降りてきたように感じます。

今回は、見頃の新穂高の紅葉と、オリオン座流星群を絡めた星景写真のミッションです。

 

目次

 

 

1.ミッションレベルB

オリオン座流星群について

オリオン座流星群(オリオンざりゅうせいぐん)は、毎年10月19日から23日の間に見られる夜空のイベントの一つ。

つまり、年に一度の撮影のチャンスである。

紅葉の時期の流星群のため、紅葉と流星という素敵な組み合わせの撮影が可能だが、見頃を迎えた撮影地を探すという難しさがある。

今回は高山市新穂高を拠点に撮影した。

 

○月の条件

f:id:irodori0320:20181027110549j:image

月が大きく明るい夜だ。

流星群の観測には、月が沈んだ後の撮影が適しているが、今回は、月明かりに紅葉が照らされた風景と流星群の組み合わせを狙った。

 

平湯温泉は最高の撮影拠点地

星景写真の撮影は、深夜遅くまでの撮影になることがある。そんな冷えた体を温めてくれる24時間利用可能な温泉施設がある。

それは、平湯民俗館露天風呂である。湯入浴料が寸志なのも驚きだ。

平湯民俗館・平湯の湯|観光情報検索 | ぎふの旅ガイド

「あなたにとって必要不可欠な温泉地でありたい」

キャッチコピーの通りの温泉だ。

f:id:irodori0320:20181031201053j:image
入り口には、足湯もある。
f:id:irodori0320:20181031201056j:image

2.平湯を拠点に、星景写真オススメ撮影地

乗鞍高原

irodori0320.hatenablog.jp

 

 

上高地

irodori0320.hatenablog.jp

安房峠

安房峠からは、穂高の展望が大変よい。

f:id:irodori0320:20181031201923j:image

 

3.ベストショット


f:id:irodori0320:20181031204616j:image

新穂高ロープウェイ付近の紅葉が見頃だった。

月明かりが強く星の数は少ないが、オリオン座と流星を撮影することができた。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村